[ 嵐を詠んだ歌 ]を更新しました

[ 自然を詠んだ歌 ] の [ 嵐を詠んだ歌 ]を更新しました。

3282: 衣手にあらしの吹きて寒き夜を君来まさずはひとりかも寝む

あらしの夜の一人寝は心細いことですね。

よろしくお願いいたします。

//きょう

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です