[ 霧を詠んだ歌 ] を更新しました

[ 自然を詠んだ歌 ] の [ 霧を詠んだ歌 ] を更新しました。万葉歌には、川にかかる霧、山の霧、春の霧、天の川にかかる霧などさまざまに詠まれています。

 

1892: 春山の霧に惑へる鴬も我れにまさりて物思はめやも

好きな人のことを想い悩んでいることを詠んだ歌ですね。

よろしくお願いいたします。

//きょう

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です