[ 鶴 ]を詠んだ歌を更新しました

[ 生き物を詠んだ歌 ] の [ 鳥を詠んだ歌 ]の[ 鶴を詠んだ歌 ]を更新しました。

鶴は万葉集には47首に詠まれていて、特に、海辺に居る鶴がよく詠まれています。

3598: ぬばたまの夜は明けぬらし玉の浦にあさりする鶴鳴き渡るなり

天平八年(西暦736年)、難波から出発した遣新羅使(けんしらぎし)が玉の浦に停泊したときに詠まれた歌です。

よろしくお願いいたします。
//きょう

コメントを残す