令和のもとになった梅を詠んだ歌 を更新しました

新しい年号「令和」のもとになった梅を詠んだ歌のページを見直したら、かなり古かったのでこれを機会に更新しました

0815: 正月立ち春の来らばかくしこそ梅を招きつつ楽しき終へめ

序文の読みも追加しました。

よろしくお願いいたします。

//きょう

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です