「志賀(しか)の白水郎(あま)の歌」を追加しました

[ 九州の万葉に歌われた原風景 ] に

「志賀(しか)の白水郎(あま)の歌」を追加しました。

「志賀の荒尾(あらお)」と呼ばれた海人(あま:漁夫のこと)について詠まれた歌が10首もあります。

荒尾は、大宰府から対馬に食糧を運ぶための船を出しましたが暴風雨のため沈没し、帰らぬ人となったということです。

よろしくお願いいたします。
//きょう

コメントを残す