貧窮問答歌(ひんきゅうもんどうか) を追加しました

[ 九州の万葉に歌われた原風景 ] に

「貧窮問答歌(ひんきゅうもんどうか)」を追加しました。

山上憶良(やまのうえのおくら)が詠んだ貧窮問答歌(ひんきゅうもんどうか)は、筑前国守在任中、管内巡視中に農民達の貧困の状況を見聞きすることで生まれた作品だろうと考えられています。

0892: 風雑り雨降る夜の雨雑り雪降る夜は・・・・・

よろしくお願いいたします。
//きょう