2019年12月14日(土) にスタジオ・ベルソー(Studio Berceau)(茅ヶ崎駅近く)で開催された発表会の曲目リストと演奏の様子を載せています。

指導:千家響子先生 ピアノ伴奏:山之内優子先生 司会:落合さん

おや?じ~ず

Six Peaces より第1楽章 (作曲:E.Elgar)
Thema(作曲:WA.Mozart)
Andante(作曲:F.P.Schubert)

第1バイオリン 飯田さん
第2バイオリン 蓬田さん
ビオラ 青山さん、倉田さん
チェロ 佐久間さん
第3バイオリン 千家先生
※青山さんは都合で演奏に参加できませんでした。

アイネクライネ(アンサンブルチーム)

ニューシネマパラダイス(作曲: エンリオ・モリコーネ)

第1バイオリン 屋内さん、堀部さん、斎藤さん
第2バイオリン 蓬田さん、鈴木さん
ビオラ 千家先生、倉田さん
チェロ 北川さん
※昨年はレゾナ・トリゴノという名前でしたがだれも思い出せず、アイネクライネと称しています。

鈴木さんと蓬田さん

Concerto op.3 第8番 RV.522 全楽章(作曲:Vivaldi)

2つのヴァイオリンのための協奏曲と呼ばれる楽曲で3楽章形式になっています。

※お互いを信じてきれいなハーモニーを奏で、全楽章をカバーしました。

ふみかさん

メヌエット第3番(作曲:J.S.Bach)

伴奏はお母さま。今年発表会デビューです。バイオリンとともに空手も頑張っています。

みれいさん

セレナーデ(作曲: J.Haydn)
アンダンテ(作曲: J.Haydn)

伴奏はお母さま。初めてのソロ演奏です。やっぱり良い音が出せるとうれしいですね。

みうさん

新しい朝(作曲: 鈴木慎一)
アレグレット(作曲: 鈴木慎一)

今年も毎日欠かさず練習した成果が発揮されてましたね。
ところで、鈴木慎一さんのお父様、政吉さんは国産バイオリンを初めて製作したことで有名ですが、製作したバイオリンをアインシュタインに届けたという記録があります。

りのさん

メヌエット(作曲: G.P.Telemann)
アンダンテ(作曲: J.haydn)

発熱にも負けないすばらしい演奏でした。水泳も特訓する頑張り屋さんなんですね。

ところで、テレマンとハイドンはほぼ同時期の人なんですね。(テレマンの方が年上)

みどりさん

ポルカ(作曲: L.Berkovitch)
トルコ行進曲(作曲: L.V.Beethoven)
きよしこの夜(作曲: F.Gruber)

ここまでしっかり演奏できるようになったので、次はカルテット演奏にもチャレンジできそうですね。

アンサンブル

Brandenburg Concerto 第3番第1楽章(作曲: J.S.Bach)

第1バイオリン 落合さん
第2バイオリン 堀部さん、竹井さん
第3バイオリン あやのさん、桃野さん
第1ビオラ 浜崎さん
第2ビオラ 千家先生
第3ビオラ 鈴木さん
第1チェロ 北川さん
第2チェロ 鈴木さんによる演奏です。

鈴木ファミリー

Concerto op.3 第8番 RV.522 第1楽章(作曲: Vivaldi)

ご家族で第1バイオリン、第2バイオリン、ビオラ、チェロが揃うって素晴らしいですね。

兼城さん

Concerto 第2番 第1楽章(作曲: F.Seitz)

今回発表会デビューです。将来は脚本を書いたり、演技もしてみたいそうです。

ところで、ザイツはヴァイオリン協奏曲などでよく知られていますが、彼はドイツの農家の生まれなんだそうですね。

桃野さん

タイスの瞑想曲(作曲: F.Massenet)

この曲はもともとはオペラの中のアリアとして書かれた曲ですが、今では独奏曲として広く演奏されていますね。

あやのさん

Prelude and Allegro(作曲: F.Kreisler)

発表会の前に体調を崩したとは思えない力強い演奏でした。さすが空手少女です。

落合さん

スペイン交響曲 Symphonie Espagnole(作曲: E.Lalo)

ドドッソー、ドドドソォー、ミッ、ミミ、ミッミミ、ミミシッラッ (^^♪ っと冒頭からインパクトのあるスペインらしい情熱的な曲です。

千家響子先生

メヌエット(作曲:L.V.Beethoven)
ホワイト・クリスマス(作曲:Irving Berlin)

千家先生の演奏はなんだかいつも安らぎますね。
ところで、ホワイト・クリスマスを作曲したIrving Berlinはピアノもあまり弾けない上に楽譜の読み書きもできなかったので、譜面の記録係を雇っていたそうですね。それでもこんなきれいな曲を作れるんですね。

全員合奏・集合写真

フランスの子供の歌
メリーさんの羊 変奏曲

はるかさん、りゅうさんも参加しての全員合奏で発表会を締めくくりました。
最後はみんなで集まり、にこやかに写真撮影。お疲れさまでした。(^ ^ v

ピアノ伴奏

山之内先生は、演奏者の特徴や曲の雰囲気を大事にしてくださって、演奏を盛り上げてくださいます。ですから、演奏者としてはいつも安心して舞台に立つことができます。ありがとうございます。

協力

ポラリスの白石さんには、昨年から会場のセッティングなど、ご協力いただいています。遠方から来てくださり本当にありがとうございます。

//千家バイオリン