2018年12月15日(土) にスタジオ・ベルソー(Studio Berceau)(茅ヶ崎駅近く)で開催された発表会の曲目リストと演奏の様子を載せています。

指導:千家響子先生 ピアノ伴奏:山之内優子先生

大人 おやじ~ず + 素敵な女性たち

Six Peaces 作品22 より1番2番 (作曲:エルガー)
ききませわが心(作曲:レハール)

本番までに何度も集まって練習してきました。終わった後の一杯は毎回欠かせないようですが。

大人 レゾナ・トリゴノ(アンサンブルチーム)

アイネ・クライネ・ナハトムジーク 第2、3楽章(作曲:モーツァルト)

第1バイオリン 4名、第2バイオリン 4名、ビオラ 2名、チェロ 2名での演奏です。レゾナ・トリゴノは、一人一人が奏でる音の波がまるで美しい数式で表されるようにきれいに響きあうように、と願いを込めてつけた名前です。レゾナは響きあう、トリゴノは三角函数のことです。

小1 Mちゃん

ちょうちょ、かっこう、ロングロングアゴー

バイオリンはまだまだ始めたばかりですが、はやくきれいな音で弾けるように頑張っています。

小1 Mくん

五月の歌(作曲:モーツァルト)
メリーさんの羊 変奏曲(アメリカ民謡)

いつかはカルテットで演奏して、たくさんの人たちを幸せな気持ちにしてあげることが夢だそうです。

小1 Rちゃん

クリスマスのうた、こぎつね、むすんでひらいて、アレグロ

ブレイブボードで遊ぶことが大好きなRちゃんですが、最近はバイオリンにも夢中です。

小1同級生3人組

かえるのうた カノン風

演奏で迷子にならないように、やさしいお姉さんたちが後ろでお手伝いします。

大人 Mさん

ヴァイオリンコンチェルト ハーモール 全楽章(作曲:リーディング)

ポラリスの白石さんに調整していただいたバイオリンで、全楽章を弾き切りました。大人の方でも数年でこんなにうまくなれるのですね。

小2 Aちゃん

ヴァイオリンコンチェルト 第1番 アーモール 全楽章(曲:バッハ)
オベルタス 作品19番(作曲:ヴィニアフスキー)

妹さんたちも11月からバイオリンを始めました。Aちゃんが練習を始めると妹さんたちも一緒に楽しそうに練習するのだそうです。お母様の伴奏に合わせての演奏です。

中3 Yさん

ヴァイオリンコンチェルト 第2番 エードゥア 第1楽章 (作曲:バッハ)

ヴァイオリンコンチェルト 第1番 ゲーモール 第1楽章(作曲:マックス・ブルッフ)

新しいバイオリンが美しい音色を響かせていました。それはバイオリンだけではなく、日々の練習の成果ですよね。

小6 Mちゃん

ヴァイオリンコンチェルト 第9番 第1楽章 (作曲:ベリオ)

難しい曲なのですが、千家先生の特訓の成果がしっかり出ていましたね。

千家響子先生

 愛の挨拶(作曲:エルガー)

様々な外部活動に加え、アンサンブルの指導やJASTAフレッシュコンクールに参加する生徒さんたちの指導など、とてもあわただしい日々を過ごされてましたが、やはり演奏されているときの先生が一番素敵ですね。

全員合奏

きらきら星 主題のみ(作曲:モーツァルト)

緊張のなかにも、暖かな会場の雰囲気が感じられた発表会でした。今回は、受験などで参加できなかった生徒さんたちがたくさんいらっしゃいました。来年はもっと賑やかな発表会になることでしょう。

//千家バイオリン