鮑(あわび) Abalone

鮑 by 写真AC

鮑(あわび)は、ミミガイ科の大型の巻貝の総称です(二枚貝ではありません)。味が良いので、古代から食用として用いられています。また、鮑は伊勢などの御食国(みけつくに)とされた国々から朝廷に納められた代表的な海産物のひとつでした。

- Awabi(Abalone) is a generic name for large snails (not bivalves) in the family Ass's-ear abalone. Since it tastes good, it has been used for food since ancient times. Abalone was one of the representative marine products that were delivered to the Imperial Court from countries that were considered as Miketsukuni(lands of royal provisions) such as Ise-no-kuni.

鮑(あわび)を詠んだ歌

万葉集には2首にだけ詠まれていますが、いずれも恋心とともに詠まれています。

1197: 手に取るがからに忘ると海人の言ひし恋忘れ貝言にしありけり

2798: 伊勢の海人の朝な夕なに潜くといふ鰒の貝の片思にして

更新日: 2019年12月01日(日)