百舌鳥(もず) Mozu(Shrike)

野鳥散策(三宅博写真集)より

百舌鳥(もず)は、スズメ目モズ科の鳥で、全長20センチ程度です。モズは、小型の哺乳類(ほにゅうるい)、昆虫、爬虫類(はちゅうるい)を捕まえ、木などにさす習性があります。秋~冬には平地に現われますが、春~夏には山で木の茂みに巣をつくります。

- Mozu(Shrike) is a bird of a family Laniidae, about 20 cm long. Mozu has the habit of catching small mammals, insects and reptiles, and pointing them to trees. It appears on flat ground from autumn to winter, but from spring to summer it builds nests in the bushes in the mountains.

百舌鳥(もず)を詠んだ歌

万葉集では2首に詠まれています。

1897: 春さればもずの草ぐき見えずとも我れは見やらむ君があたりをば

2167: 秋の野の尾花が末に鳴くもずの声聞きけむか片聞け我妹

更新日: 2019年08月15日(木)