椿(つばき) Tsubaki(Camellia)

ヤブツバキ 撮影(2009.04) by きょう

椿(つばき)はツバキ科ツバキ属の常緑高木で、日本原産です。ヤブツバキ、ユキツバキが良く知られています。椿は古事記・日本書紀にも登場し、古くから神聖な樹木として扱われていたようです。

- Tsubaki(Camellia) is an evergreen tree of the genus Camellia of the Theaceae family and is native to Japan. Camellia japonica and Camellia rusticana are well known. Tsubaki is described in Kojiki and Nihon Shoki, and seems to have been treated as a sacred tree from ancient times.

椿(つばき)を詠んだ歌

万葉集には9首に詠まれています。いずれもヤブツバキと考えられています。

0054: 巨勢山のつらつら椿つらつらに見つつ偲はな巨勢の春野を

0056: 川上のつらつら椿つらつらに見れども飽かず巨勢の春野は

0073: 我妹子を早見浜風大和なる我を松椿吹かざるなゆめ

1262: あしひきの山椿咲く八つ峰越え鹿待つ君が斎ひ妻かも

3222: みもろは人の守る山本辺は馬酔木花咲き末辺は椿花咲くうらぐはし山ぞ泣く子守る山

4152: 奥山の八つ峰の椿つばらかに今日は暮らさね大夫の伴

4177: わが背子と手携はりてあけ来れば出で立ち向ひ夕されば振り放け見つつ思ひ延べ.......(長歌)

4418: 我が門の片山椿まこと汝れ我が手触れなな土に落ちもかも

4481: あしひきの八つ峰の椿つらつらに見とも飽かめや植ゑてける君

補足

更新日: 2020年11月29日(日)